本文

山陰海岸さんいんかいがん 松葉まつばがに

日本海の山陰沖で獲れた蟹は「松葉まつばがに」とブランド名で呼ばれています。
種類は「ずわいがに」ですが、古くから他の海域とは区別され、味の良さで知られています。
松葉がにの主な漁場は、兵庫県但馬海岸沖~鳥取県大山沖にあります。
近年、漁獲量が減少しており、もともと高価な松葉がにが、ますます貴重なものとなってきました。
11月~3月迄の冬の味覚をどうぞお楽しみください。


活けいけ松葉がに

生きている蟹は、「活け(いけ)」と呼ばれます。 当店のように産地直送なら、届いた時には、まだ生きています。
「活け松葉がに」は、自由に調理ができるので、ご自宅でフルコースを楽しめます。
◎焼きがに(カニ足)
◎甲羅まるごと蒸し焼き(胴体全体)
◎かに味噌甲羅焼き(胴体の味噌)
◎かにすき(カニ足・胴体の白身)
◎かにしゃぶ(かに足)
◎かに雑炊(余った身や小さな身をかき集めて)

>ショッピングサイトはこちら

茹でゆで松葉がに

赤い蟹は、茹でたもの。「茹で松葉」「ボイル松葉」と呼ばれます。
「冷凍ズワイガニ」との大きな違いは、『配達日直前に活きている松葉ガニを茹でてそのままお届けすること』(当店のこだわり)です。 そのため届いた時には、松葉がに特有の「柔らかさ、ジューシーさ、繊細さ、甘い旨み」を保っています。 茹でてあるので、解凍の手間や調理の手間がほとんど掛からず、塩味が効いているので、直ぐに食べることができます。
また、ご贈答にも最適です。山陰海岸の冬の味覚を楽しんでいただけるでしょう。
◎調理や味付けの手間を掛けたくない方に
◎特別な席や御贈答に

>ショッピングサイトはこちら

足オチあしおち松葉がに

水揚げされて、足が取れているものは「足オチあしおち」と呼ばれます。
「足オチ」は、いわゆる「訳あり」になりますが、鮮度や美味しさは変わりません。 取れた足の部位、取れた足の数によって価格が安く設定されます。
特に、かにの甲羅(胴体)は全く問題ないので、かに味噌が好きな方にとっては、たいへんお買い得です。
◎訳ありを気にしない方に(贈答には不向き)
◎かに味噌好きな方に
◎ご家庭や友人とのパーティに
◎なるべく安い予算でたくさん食べたい方に

>ショッピングサイトはこちら

子持ちこもちがに(メス松葉)

松葉のメスは「子持ちがに」「せこがに」などと呼ばれます。
オスに比べて小さい身体ですが、甲羅こうらの中の「内子うちこ」がとても美味しいのです。 オス松葉とは違った味わいなので、こちらのファンも多いのですが、保護のために漁期は短く、12/末で終了します。 特に近年は、多くの人々にその美味しさが知られるようになりました。
◎まるごと茹でて食べる
◎かに飯
◎かに汁
(商品単価に対して送料が大きいため、ご注文はメールのみにて承っております)

>ご相談・お問合せはこちら